結婚レシピ > 結婚式の節約術集 > 自作できるものは手間と時間をかけて

結婚式の節約術集

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿


招待状やメニュー、誓いの言葉、ウエルカムボードなどは紙の素材や色にこだわって、今までにないインパクトのあるものにしました。(結婚式場のスタッフも今までに無い色や内容盛り沢山でとても自作とは思えないといわれました。)既製品にないデザイン等でお金に買えられない良さがでたと思います。ペーパーアイテムで9万円削減できました。

プロフィールビデオはどうしてもしたくて、21万かかるのを、自作しました。今、ウインドウズのXPならソフトが入っているので簡単に本格的なムービーが作成できます。自分たちの映像(写真)ばかりでなく列席者の映像も多く取り入れたいとデジカメで写真を複写したり、楽しいコメントを入れ、音楽はテンポあるクイーンを選びました。

パソコンは持参し、プロジェクターは会社のものをお借りして、スクリーンは会場で3000円で借りられました。ここで20万の節約。

写真は集合写真のみ会場で1セットだけ頼み、複写して親戚に配布しました。ここで3万円の節約。

スナップ写真は私も含めて友人が写真好きなので、(私も高砂からバシバシ撮影してました!)頼まなくても撮りたい人たちばかりなので(約4名)、デジカメ一眼で撮影したデータをCDに焼き、プリントもネットプリントで40%OFFになったのでアルバム作成には実費だけで済み10万の節約。(あとで友人には我が家の食事会に招待しました。)

引き出物は割引がなかなか無いので席札と焼酎ボトルのセットになったものをチョイス。持ち込みの引き出物は持ち込み料がかかってしまうので、会場で決めた引き出物は少なくし、披露宴の余興の中でクイズを行い、代表者の回答次第で全員プレゼントになるように設定しプレゼントしました。ちょっとラッキーと思えるように。お気に入りのプレゼントをネットで安く(ネットにて半額以下)購入。ここで6万の節約。

二次会はホテル内のレストランを利用。予約は早いもの勝ちでしたが、当日披露宴したカップルだけに通常の半額以下で利用という事で
一流ホテルの料理を格安で、会費も安く設定出来、また長い移動の時間が要らず体力的にも助かりました。

二次会内でのゲームは友人が少しでも足しにと景品にふさわしい新品商品を提供もしてくれたのでここでも会費が安く設定できました。ここで私たちの金額負担はありませんでしたが、なにより友人たちの会費軽減となり7万円の節約になりました。

最後に結婚式、披露宴、引き出物やペーパーアイテムなどカード払いが可能なものは全てクレジットカードで。1枚のカードでは限度額があり全て支払う事ができないので2枚利用し、たまったポイントを商品券に交換し3万円分も戻ってきました。

手間と時間はかかりました。でも2人だけの結婚式ではないから列席者にも感動を与えたくて予想以上の評判でした。

自分は多くの結婚式を見る機会があったので良い所を見て、会場スタッフに友達のようになるくらい、とにかく聞きまくり情報を集めました。

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話