投稿者:めい
結婚式での節約術

持ち込み料がかかるものリストを確認した方がいいです。一番削れないのは提携しているものに関してなので、お花・衣装・カメラマン・映像・ビデオ係・メイク&着付けのスタイリスト・引き出物は、ほとんど持ち込みした方が安くなる可能性が高いです。また、記念写真とアルバム用の写真がセットでパック化(両家と本人用の3セット)されていることが多いです。式場見学の際に、ザックリとした見積もりも出してもらえますが、かなりザックリです(笑)追加料金なんてザラですので、手作りできるものは頑張った方がいいと思います。料理はケチるとバレるので、それ以外で頑張りましょう!
私の場合は、衣装(WD1着・CD1着・タキシード1着)すべてオーダーメイドで持ち込み料がかかりましたが、レンタルするより半額以下で済みました。お花はせっかく身近に担当してくれる人がいたのに持ち込み不可だったため、両親へのプレゼントとしてリース&ブートニアを手作りしてプレゼント。もちろんリースは会場入り口に最初にセットしてもらい、おもてなしを彩ってもらいました。他は持ち込みができずに我慢しました。引き出物も持ち込みができた方がオリジナル感がでるし、同じものでもリーズナブルで手に入れることができるものあるので持ち込みできた方がお得だと思います。
プランナーさんと仲良くなって、契約前までに「いくつか候補があって、予算がいくらまでなので、バブルとビールサーバー込で、ここまで下がらないか」「これがやりたいと思っているので、サービスで付けてくれないか」などの交渉術も必須になってくるかと思います。席札は主人の大好きな競馬の馬券風に手作りし、飲んで食べるがデー間だったので、カロリミットウコンを置くなどして笑いも取れました。招待状などもペーパーアイテムも、会場でのバリエーションと金額も確認した方がいいと思います。
サービス料も会場により違いがあり、スタッフの人数なども一緒に聞いて、それでも、この会場がいいと思えてから、契約をしたらいいのかなと思います。

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話