結婚式において衣装代は高くつくモノ。
式場探しの段階で持ち込み料を徹底的に確認し、安いところと契約。ホテルウェディングの中では良心的な一着10500円の持ち込み料で済みました。

衣装をインターネットでレンタルし、色打掛50000円+引き振袖40000円(保険料込み)+紋付袴20000円(同)でした。生地は正絹。もちろん送料込み。下着や帯、小物もすべて入っていました。

ネットレンタルの場合、洋装はサイズ合わせが厄介なので、着物のほうが無難です。標準的な範囲の身長体型なら大抵着られますので。

パックプランに衣装一着が入っているなら、それは洋装に当てるのが吉。一般のレンタルだと普通、和装の方が高いので、プラン提示料金に上乗せされることがあります。

私は衣装の入っていないパックプランを選択し、衣装をふたつともレンタルし、ドレス1着分以下の値段に押さえました。

和装にこだわりがあったので、ウェディングドレスは前撮りのフォトスタジオでのみ着ました。式当日は和装なら和装のみ、洋装なら洋装のみにしたほうが安く済みます。なぜなら共通の小物や下着を使えるから。一般にドレスのほうが安いですが、ブーケ代やアクセサリ代でかなりかさむので、小物一式がセットになった和装レンタルを探せば、それほど違いは出ません。ただ和服は着付け料が高めに設定されているのが難点です。和装2着だとちょっと元が取れたような気はしますけど(笑)。

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話