投稿者:thousandask
できる限りすべて自分で!

結婚式まで時間があったので、できる限り手作りしました。持ち込みにお金がかからない会場を選んだので、引き出物や引き菓子、縁起物まで自分で手配しました。作ったものは、プリザーブドフラワーでブーケ(和装用の鞠ブーケと髪飾り、ドレス用のティアドロップブーケとブートニア)、両親への贈答花(プリザーブドフラワー)、ペーパー類(招待状関連一式、席次とプロフィール表の冊子)、プチギフト、豚さんのウェルカムドール、テーブル装花の飾り、BGMなどです。プランナーさんたちにはこれほどたくさん作って人は初めてと言われました。

私のドレスも格安でサイズが合うように直してもらえるお店をなんとか見つけ、レンタルよりも10万以上安くなりました。彼のタキシードはドレス屋の中古販売でなんと1000円でした。中古でも新品同様だったので、その場で即決しました。

ペーパー類はやはりデザインが大変でした。安っぽくならないように何度もつくりなおしました。プロフィール表は彼がデザインしてくれて助かりました。席次表には当日になって名前の間違いが判明たりと色々ありましたが、良い思い出です。


ブーケは母と一緒に作ったのですごく良い思い出です。教室へ行って両親への贈答花は彼と二人で一緒に作ったのも楽しかったですね。


最終的には新婚旅行や二次会などの結婚式関連すべてを含めても、最初に考えていた予算よりも少なくなりました。両親や友人の助けが無ければできなかったことだと感謝しています。

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話