結婚式・披露宴は、扱う金額が大きくなると、だんだん金銭感覚がわからなくなってきたり、
「最初の見積もりより最終的に○百万も高くなっていた」なんて話もよく聞きますよね。

最初はどこも低めに見積もるもの。
花なんかは、最初の見積もりのままでは寂しすぎてそのままで式を挙げるなんてありえない!って程度に抑えていることも多いようです。

そうならないように…
私は最初に見積もりをお願いする時から、
「後でやっぱりこれじゃ寂しすぎる…なんてことにならないように、本当にそのまま挙げてもOKなように見積もってください!」と先にお願いしておきました。

そして式を挙げられる最低限を知っておいた上で、どこを優先してバージョンアップさせるかをじっくり吟味しました☆

幸せいっぱいでプランをたてていると、「なかなかそこまで言えない」なんて方も多いと思いますが、どこにしっかり力を入れるかがはっきりするので、無駄なところにお金をかけないためにもオススメですよ♪

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話