式場で最初にプランナーと打ち合わせするときは
アンケートに予算のプランを書くと思います。
そのとき、担当者は記入した予算目一杯のプランを提示してくるものです。
そして、余裕があるかという足下を見計らって、オプションを提案してきます。
そこで、想定予算より1〜3割ほど低く見積もりを出すといいと思います。
そこから、譲れないものだけを確認しましょう。
次に、予算に余裕をもった分で「やりたいこと」をする。
それは自分たちらしい式にも繋がります。
「これはしなければ」という枠にとらわれていては、節約はできません。

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話