投稿者:こでまり
婚姻届の節約技

婚姻届を出した時点で新居が決まっているなら、新居最寄りの
役所で婚姻届と転居or転入届と新しい戸籍謄本や住民票の
請求書、切手を貼って住所やあて名を書いた封筒も添付しておけば
新しい戸籍謄本と住民票が作成され次第、郵送してくれる。
これで役所に行く手間が減る。

婚姻届は全国どこの自治体でも受け付けてくれるから使える技。

ただし、転入・転居の手続きは平日昼間に限る自治体が多いので
夜間や休日の入籍の場合はできない。
事前に必要な書類や通数の確認はしっかりしておく必要はある。
事前に提出予定の役所に問い合わせておくとよい。

特に夫婦どちらの本籍地でもなく、新しい本籍地でもない自治体に
新居を構える場合、書類が多くなるので要注意。

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話