投稿者:ぽてとさらだ
見積もり!これで間違いない!

皆手作りしたりと頑張って節約しているみたいだけど・・。

もちろんそれはかなり重要!
手間はかかるけど思い出にもなるし。

でも、一番確実に節約できる方法。

『一番最初の見積もりと最終見積もりを一円でも近づける』

これは案外見落とされます。

なぜなら、どんなに努力して手作りしても
結果支払い金額に驚くことが少なくないからです。

式場さんはペーバーアイテムなんかで儲けたりは
考えていません。

それ以外
衣装・会場装花・料理・引き出物

これで全てといっても過言ではありません。

最初の打ち合わせ、イベントなどで提示される見積もりは
ほぼ『嘘』
と思ってかまいません。

なので、初めから
あらかじめ招待人数を予測しておき、
料理の金額、衣装の上限、引き出物は何点か、花にかける予算は
など全て上限を決めて、その範囲で見積もりをしてもらうのです。

気づけば式前の貴重なラブラブ時間を手作りについやし、
『彼は全然手伝ってくれない!』
などと喧嘩までしてしまうよりは
そこは楽しい範囲で収めて
後は式場のプランナーに
『私達、予算はこれ以上だしません!!』

と、きっぱり伝えておくことです。

なんだかんだと打ち合わせのたびにアイテムが増え
結局最終支払いが初めの見積もりの三倍なんてこと
普通にありますから!

だから、節約したいなら
『見積もり』が大切!

何度も何度も見返し、無駄は無いか確認するべし!!

きっと話の流れで了解してしまった無駄があるはず!!

浮かれるのは気分だけでお財布の紐はしっかり結んで
『自分達のスタイル』を貫くのが一番です。

そんな元ウエディングプランナーの私は
初めの見積もりと支払った金額はほぼ同額でしたよ。

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話