投稿者:ヴュー
節約と妥協

海外挙式だったのですが、ウエディングドレスには特に執着がなかったことと、飛行機移動に邪魔になること、
金銭的に浮かせようと思いレンタルを希望していました。

が、しかし、レンタルも自作も値段的には結果がほぼ同等とのこと。
持ち込みとかの制約も厳しいんですよね。
だったら自分の好みのデザインで、自分のサイズのものをと
高い値段を泣く泣く納得しました。

結局節約にはならず、妥協になってしまったのですが、
結果的にそのウエディングドレスは
来年生まれる子どもの「ドレス」として生まれ変わる予定です。

ドレスにもともとついていた飾りはそのまま活かし、
光沢のある生地や、レースは
手芸なんてしたことのない私の手によって、切り刻まれ
なんとかそれっぽいものができました。

妥協した結果なのですが、今思えば節約かな、と。
ドレスを見ると結婚式の幸せなおもいでが常に一緒で、
その幸せな時を一緒に過ごしたドレスを
次は子どもが着てくれると考えると今から幸せです。

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話