ドレスや小物、ビデオ撮影などお金をかけたいところがあったので削れるところは削りました。
まず装花ですが、人があまり見ないところにまでたくさん飾る必要は無いので、担当者任せにせずに何度か打ち合わせをして、みすぼらしくない程度まで減らしました。
夫がデザイン関係の仕事をしているので、席札、メニュー、席次表などの印刷物、ウェルカムボードなんかも手作りのものにしました。
披露宴の際に手作りしたものを発表したりなんかして、作った夫も満足そうでした。
これだけでもウン十万円節約になるので、浮いたお金はお金をかけたいところに回して、予算内でとても良い式をあげることができました。

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話