節約のため食事や衣装は最低限にした。ほかのゴンドラだのシャボン玉だのクラッカーだのシャンパンタワーだの意味のない有料オプションはなんにもつけなかったら、式場が困った顔して「それではあまりにさびしいので当方でお祝いのサービスというとで・・・」といろいろ付けてくれた。
あとで「式場の格」を落としたくないためだと知った。
本人たちはよくても招待客にしょぼい式場だと見られたくないという式場側の見栄であったと知った。なるほどそれもそうだよな。

これからのひとは参考に

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話