投稿者:にこちゃん
ほどよい節約術

何もかも節約してしまうと一生に一度の思い出が、せちがらい思い出になると思い、節約すること/こだわるところを分けて考え、お互いに一つ一番こだわるところは優先して、後はなるべく手作りで抑えるようにしました。妻のこだわりは衣装。衣装ってとても高いのですが、妻は値段よりも何回も衣装替をしたいとのこと。「年をとってからドレスは着れない!!」と、貸衣装の方と何度も打ち合わせをするうちに仲良くなり、5着セットで安価セット(?)にしてもらっていました。しかしなぜか当日は「どうしても決めかねたあと一つも持ってきて欲しい」と計6着を5着の値段で借りていました。…すごい(夫)…と思いました。
夫のこだわりは家族親戚含めて料理好きなので披露宴を結婚式場などで行わず、好きなカフェを貸切、そのオーナーと話し合って行ってもらいました。結局式場などで披露宴を行うよりもおいしい料理と安い金額で行ってもらえたので、初めに見積もりを行った結婚式費用よりも低い支出で収まりました。節約したところといえば、手作りで案内などを作ったりウエルカムボードなどの小物も自作し、共働きの中苦労したこともありますが、カフェのオーナーやそこの方たちに披露宴を手作りで席札などはこだわったものをお願いしてコーディネートしてもらったり、妻は美容院やウエデイング用のエステの方たちに飾りの小物をもらったりしてました。小物も金額がかかるのでかなり助かりましたよ!!

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話