結婚式に招待された人のマナー・準備・常識集
結婚レシピトップ 結婚式の流れと費用 結婚式の準備
結婚式のスタイル 結婚の疑問・悩み相談 無料テンプレート
結婚レシピ > 結婚式に招待されたら > 結婚式の受付

結婚式の受付

結婚レシピ

結婚式の受付を頼まれたら

結婚式の受付は新郎新婦にかわってゲストを出迎える役目なので、失礼のないように、身だしなみを整えて、感じよく振舞います。当日は受付開始の30分前には会場入りして、芳名帳、筆記具、招待者名簿、広蓋(ご祝儀を乗せるお盆)など、必要なものがあるかを確認しましょう。

ゲストが来たら、立ち上がって「本日はお忙しい中ありがとうございます。」とお辞儀をし、おめでとうございますとお祝いの言葉を受けたら、新郎新婦側としてお礼を言います。

次に「恐れ入りますがご記帳をお願いします」と芳名帳を差し出します。記帳が終わり、ご祝儀を渡されたら「ありがとうございます。お預かりします」と言って両手で受け取り、名前が書いてあるかを確認します。

最後に「開宴まで控え室でお待ちください」と控え室の方へ手を向けて案内しましょう。いただいたご祝儀はきちんと管理して、事前に言われている会計の人か、親族に渡します。またトイレやクロークの場所を聞かれることもあるので、事前に確認しておいて、案内しましょう。

結婚式のご祝儀泥棒に注意

ごくまれに、結婚式のご祝儀をだましとろうとする泥棒がいます。

きちんとスーツを着ていて、一見は参列者のように見えますが、結婚式の受付に来て、「係の人が呼んでいます」「ご祝儀を持ってくるようにいわれました」などと話しかけ、ご祝儀を持ち去ってしまいます。

事前に誰に渡すかをきちんと決めておいて、その人以外には渡さないようにします。それ以外の人の場合は疑ってかかり、もしその人が泥棒でなくても、受付の責任を果たすためなので、失礼にはなりません。