結婚式に招待された人のマナー・準備・常識集
結婚レシピトップ 結婚式の流れと費用 結婚式の準備
結婚式のスタイル 結婚の疑問・悩み相談 無料テンプレート
結婚レシピ > 結婚式に招待されたら > 結婚式のスピーチ

結婚式のスピーチ


所要時間約3分

結婚式の主賓スピーチ文例

新郎側 上司社長

ただ今ご紹介にあずかりました、金本貴広でございます。

藤本君、寛子さん、本日は誠におめでとうございます。お二人の門出を心よりお祝い申し上げます。並びにご両家ご親族の皆様、おめでたいご結婚の席にお招きいただきまして、ありがとうございます。

はなはだ僭越ではございますが、ご指名を頂戴しましたので、一言お祝いの言葉を述べさせていただきます。

どうぞおかけください。(新郎新婦、両家両親が起立していた場合)

さて、先ほど司会の方からご紹介があったように、新郎の藤本賢太郎君は、私どもの会社の大変優秀な営業マンでございます。

一言で営業と申しましても、幅広い仕事なのでなかなかイメージが湧きにくいかと思いますが、一般的ないわゆる営業職と異なるのは、私どものようにインターネットのホームページ制作を行う会社の場合、お客様に物理的な商品を掲示できないということです。

まったくのゼロから、お客様が頭でぼんやり描いているホームページを作り上げるために、まずお一人お一人としっかりと話をして、ご要望をお聞きしながら、テストを続けて、ようやく一つの商品が出来上がり、お客様にお渡しできるわけでございます。

こういった職種ですから、営業マンには、ひとつめに、相手の要望を漏らさずに聞く能力、ふたつめに、それを技術者に正確に伝える能力、みっつめに、何よりも大切な、お客様に信頼される人間としての魅力、この三点が欠かせないポイントとなります。

藤本君は、この三点を見事に兼ね備えた人材でございます。

このようなお祝いの場ですから、お世辞を言っているように聞こえるかもしれませんが、私の言葉がお世辞でないことは、彼の営業成績を見れば一目瞭然でございます。できればここで成績の棒グラフでもお見せしたいところですが、なにぶん社外秘となっておりますので、ご希望の方は後ほど私にこっそり声をかけていただければと思います。

ところで、藤本君が兼ね備えている営業マンの大事な三点ですが、これはそっくりそのまま、家庭を築く上での大事なポイントであるといえると思います。

相手の話をよく聞く、いわゆる聞き上手であることは、新婦・寛子さんのご機嫌を損ねないためにも大切です。また自分の意見を的確に相手に伝えることは、良いコミュニケーションを行う上で、とても役に立ちます。

そして何より、人と人の絆は、信頼から生まれます。たとえ夫婦であっても、いや、夫婦であるからこそ、信頼し合うということが最も大切です。

藤本君のように、多くの人に信頼される魅力を持っていれば、必ず素晴らしい家庭を築いていけると、確信しております。互いを思いやり、親しい仲にも礼儀を忘れない、いつまでもすてきな夫婦でいてください。

以上をもって、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。本日は誠におめでとうございました。

結婚式のスピーチ文例集

主賓スピーチ

新郎側:上司社長 上司直属 父親の知人
新婦側:上司社長 上司直属 父親の知人
新郎新婦共通:上司

友人スピーチ

新郎側:学生時代の友人 職場の先輩 職場の同僚 職場の後輩
新婦側:学生時代の友人 職場の先輩 職場の同僚 職場の後輩

乾杯スピーチ

新郎側:上司 恩師 知人
新郎新婦共通:上司 恩師 知人