結婚式に招待された人のマナー・準備・常識集
結婚レシピトップ 結婚式の流れと費用 結婚式の準備
結婚式のスタイル 結婚の疑問・悩み相談 無料テンプレート
結婚レシピ > 結婚式に招待されたら > 招待状の返信の仕方

招待状の返信の仕方

結婚レシピ

結婚式の招待状返信はなるべく早く

結婚式、披露宴の招待状には返信用はがきが同封されています。出席にしても、欠席にしても、必ず返信はがきを出します。期日までに出すのはもちろん、なるべく早く出しましょう。

新郎新婦は、出欠の確認をしてから披露宴の席次や席札、引出物などを準備しなくてはなりません。できるだけ早く出欠の返信を出すのがマナーです。間違っても返信期日を過ぎて迷惑をかけないようにしましょう。

結婚式を欠席する場合

よっぽどのことがない限り出席しますが、入学式など、家族の大切な行事と重なってしまった場合は、返信はがきにお祝いの言葉と欠席の理由を簡単に書いて出します。

また他の結婚式と重なってしまい、どうしても出席できない場合は、はっきりと理由を書かずに「やむを得ない事情で」とした方がいい場合もあります。

突然の不幸で結婚式を欠席する場合

家族や近い親戚に突然の不幸があり、急遽出席できなくなった場合は、すぐに欠席の旨を伝えます。場合によっては、理由をいわずに後日説明した方がいいかもしれません。

招待状の返信はがきの書き方

招待状の返信はがき

・宛て名の「行」を二重線で消して「様」にします。
・出席、欠席のどちらかを丸で囲み、もう一方は二重線で消します。
・「御」「ご」なども二重線で消します。
・余白の部分にお祝いの言葉と、欠席の場合は簡単な理由も書きます。

(例)
「ご結婚おめでとうございます。おふたりの晴れ姿を楽しみにしています。」

「このたびは誠におめでとうございます。せっかくのお招きなのですが、あいにく息子の入学式と重なりますので、誠に残念ですが伺うことができません。おふたりの幸せを心からお祈り申し上げます。」