結婚式に招待された人のマナー・準備・常識集
結婚レシピトップ 結婚式の流れと費用 結婚式の準備
結婚式のスタイル 結婚の疑問・悩み相談 無料テンプレート
結婚レシピ > 結婚式に招待されたら > 結婚式を欠席する

結婚式を欠席する

結婚レシピ

結婚式はよっぽどのことがない限り、出席するのが常識です。

結婚式を欠席する理由としてあり得るのが、子供の入学式や卒業式、別の結婚式などのどうしても外せない行事と重なってしまった場合、または当日外に出れないほど体調を著しく崩してしまった場合などがあります。また、出席する予定でいたのに、家族や近い親戚に突然の不幸があり、急遽欠席するという場合もあります。

結婚式を欠席することがわかった時点で連絡する

招待状が来る前に結婚式の日程がわかっていて、出席できないことが事前にわかっている場合は、その時点ですぐに欠席の旨を連絡します。

招待状が来たあとに、欠席しなくてはいけないことがわかった場合でも、招待状の返信で知らせるだけでなく、直接連絡するのがマナーです。

また、急な不幸があり、急遽欠席する場合は、すぐに直接電話などで欠席の旨を伝えます。場合によっては理由をいわずに、後日説明するという形でもいいかもしれません。

結婚式を欠席する場合の招待状の返信

招待状の返信はがき

・宛て名の「行」を二重線で消して「様」にします。
・欠席を丸で囲み、出席は二重線で消します。
・「御」なども二重線で消します。
・余白の部分にお祝いの言葉と、欠席の理由を簡単に書きます。

(例)
「このたびは誠におめでとうございます。せっかくのお招きなのですが、あいにく息子の入学式と重なりますので、誠に残念ですが伺うことができません。おふたりの幸せを心からお祈り申し上げます。」

他の結婚式と重なって出席できない場合は、はっきりと理由を書かずに「やむを得ない事情で」とした方がいい場合もあります。


結婚式を欠席する場合のご祝儀・お祝いの品

結婚式に招待されたのに、やむを得ない理由で欠席する場合は、ご祝儀かお祝いの品を送るといいでしょう。

ご祝儀の場合は、金額は通常の半分〜3分の1程度にするのが一般的です。結婚式より前に自宅に届けるか、郵送の場合はちゃんとのし袋に包んで書留で送るようにします。

お祝いの品の場合は、多いのが食器類やコーヒーメーカーなど、新生活で使える実用性のあるものです。すでに持っている場合もあるので、新郎新婦に何がほしいかを気軽に相談してみてもいいでしょう。

お祝いの品には、紅白の結びきりののし紙をかけてもらい、お祝いの品物であることを伝える送り状もいっしょに送ります。

お祝いの品も、ご祝儀同様、結婚式より前に直接届けるか、配送してもらうようにします。急な不幸などで、どうしても間に合わない場合のみ、後日届けるか配送するかします。