結婚式に招待された人のマナー・準備・常識集
結婚レシピトップ 結婚式の流れと費用 結婚式の準備
結婚式のスタイル 結婚の疑問・悩み相談 無料テンプレート
結婚レシピ > 結婚式に招待されたら > 結婚式の服装

結婚式の服装

結婚レシピ

一般的な結婚式の服装

一般的な式場やホテルで行う格調高い結婚式の場合の服装です。主役は新郎新婦であり、それ以上に目立たない服装にしましょう。またモーニングなどの完全な正装は親族が着るので、準礼装にするようにしましょう。

女性の服装〜洋装

アフタヌーンドレス、イブニングドレス、またはフォーマルスーツを着ます。ポイントはあまり派手になりすぎないようにすることです。新婦が主役の結婚式なので、新婦以上に目立たない服装にしましょう。また新婦は白を着るので、白い服装は避けます。

黒系のドレスが主流のようですが、明るめの色でもかまいません。黒系の服装にするのであれば、アクセサリーでアクセントをつけるといいでしょう。

また肌を露出しすぎる服装は避けて、裸足ではなくストッキングを履き、念のため予備のストッキングを持っていきましょう。

女性の服装〜和装

訪問着であれば、既婚、未婚に関係なく着られます。未婚者で振袖を着る場合は、中振袖を着るのが一般的です。

男性の服装

結婚式の男性の服装といえば、黒のスーツに白いワイシャツ、白かシルバー系のネクタイというのが定番でしたが、最近は若い人の場合、ダーク系のスーツに、薄い水色やピンクなどの白っぽいワイシャツ、それに合わせた色物のネクタイというスタイルも多いようです。胸ポケットにチーフを入れてもおしゃれです。上着はシングルでもダブルでも問題ありません。靴はローファーではなく、紐のついたものにしましょう。

ただ服装は、結婚式のスタイルや出席者の状況にもよるので、新郎新婦やいっしょに出席する友人と相談して決めるといいでしょう。

平服の結婚式の服装

平服といってもTシャツやジーパンの普段着ではなく、セミフォーマル程度の服装にするようにしましょう。

女性の服装〜洋装

ワンピース、スーツ、パンツスーツなどのセミフォーマルな服装にします。黒系が無難で多いようですが、その場合はアクセサリーなどでアクセントをつけるといいでしょう。

女性の服装〜和装

略礼装のつけさげ、または小紋の着物に袋帯をしたものがおすすめです。帯はおめでたい柄のものにするといいでしょう。

男性の服装

ダークスーツに、色のついたネクタイ、オシャレなワイシャツを合わせるといいでしょう。ビジネスのイメージにならないように気をつけましょう。