結婚式に招待された人のマナー・準備・常識集
結婚レシピトップ 結婚式の流れと費用 結婚式の準備
結婚式のスタイル 結婚の疑問・悩み相談 無料テンプレート
結婚レシピ > 結婚式に招待されたら > 結婚式のご祝儀

結婚式のご祝儀

結婚レシピ

結婚式のご祝儀はいくら?

結婚式のご祝儀の場合、偶数は「割り切れる」という意味から良くないとされてきましたが、最近はあまり気にしないようです。ただし偶数の場合、たとえば2万円なら、1万円札+5000円札+5000円札とお札の数を3枚(奇数)になるようにすることが多いようです。ただ4万円と9万円は避けます。

ご祝儀の金額は、相手との関係、立場、年齢などによって変わってきます。以下はご祝儀の金額の目安ですが、同じような立場の人と相談して決めてもいいでしょう。

結婚式のご祝儀の金額目安
自分から見た関係 20代 30代 40代〜
同僚 2〜3万円 3万円 3万円
部下 3万円 3万円 3〜5万円
取引先 3万円 3万円 3〜5万円
兄弟姉妹 3万円 3〜5万円 5〜10万円
甥・姪 - 3〜5万円 5〜10万円
いとこ 2〜3万円 3〜5万円 3〜5万円
友人 2〜3万円 2〜3万円 3万円

夫婦で出席する場合、ご祝儀を連名にする場合がほとんどですが、金額は必ずしも2倍でなくてもかまいません。たとえばふたりで5万円などの奇数にするのがいいでしょう。

また遠方の結婚式に招待された場合は、交通費や宿泊費などで費用がかかるとしても、ご祝儀の金額を下げることはしません。新郎新婦が交通費などを負担してくれる場合も、金額を上げる必要はありません。

会費制のパーティーの場合は、ご祝儀は必要ありません。何かお祝いをしたい時は、お祝いの品を送るようにするといいでしょう。

結婚式のご祝儀袋

ご祝儀のお札は新札を用意します。熨斗袋(のしぶくろ)は、水引きが結び切りのもので、表書きが「寿」か「御祝」となっているものを用意しましょう。

ご祝儀の金額が2〜3万円の場合はシンプルなもの、連名などで金額が5〜10万円と高額になる場合は、豪華な水引きのものを選びましょう。

のし袋の裏側は、下の方を上にかぶせるようにします。弔事の場合は逆に上の方を下にかぶせるようにします。

結婚式を欠席する場合のご祝儀

招待されたのに、やむを得ない理由で欠席する場合は、ご祝儀かお祝いの品を送るといいでしょう。ご祝儀の場合は、金額は通常の半分〜3分の1程度の金額にするのが一般的です。

結婚式より前に自宅に届けるか、郵送の場合はちゃんとのし袋に包んで書留で送るようにしましょう。

また招待されていないけど、ご祝儀を渡したい場合は、できるだけ気を使わせないためにも、結婚式より後に届くようにしましょう。

結婚式のお祝いの品

新郎新婦と親交が深いと、ご祝儀だけでなく、何か品物を贈ることがあります。多いのが食器類やコーヒーメーカーなど、新生活で使える実用性のあるものです。すでに持っている場合もあるので、新郎新婦に何がほしいか気軽に相談してもいいでしょう。友人たちの連名で、ある程度高価なものを贈るケースもあります。

お祝いの品には、紅白の結び切りののし紙をかけてもらい、お祝いの品物であることを伝える送り状も送ります。連名の場合、寄せ書きなどにするのもいいでしょう。

お祝いの品は、基本的に結婚式より前に、直接届けるか、配送してもらうかします。ただし、招待されていないのにお祝いの品を贈る場合は、気を使わせないためにも、結婚式よりあとに届けるようにしましょう。