結婚式二次会の幹事・ゲーム・司会マニュアル
結婚レシピトップ 結婚式の流れと費用 結婚式の準備
結婚式のスタイル 結婚の疑問・悩み相談 無料テンプレート
結婚レシピ > 結婚式二次会の幹事マニュアル > 予算を立てる

予算を立てる

結婚式二次会は事前に予算をしっかり立てておきましょう。予算組みをいいかげんにしてしまうと、あとで大幅な赤字になって自腹を切ったり、新郎新婦に迷惑をかけたりすることになってしまいます。

新郎新婦と相談する

以前は二次会の費用を全額新郎新婦が持つケースもありましたが、最近は会費制で行うのが主流になっています。披露宴のようにご祝儀でいくら包めばいいかを悩まずに済みますし、幹事側としても予算が組みやすくなるメリットがあります。

通常、会費は男性の方が女性より1,000円〜2,000円高く設定します。男性7,000円〜9,000円、女性6,000円〜8,000円程度が相場といえます。新郎新婦と相談しましょう。

招待客数×会費で見込まれる金額を軸に、その金額内でまかなうのか、プラスで足りない分を新郎新婦から補填してもらえるのか、その場合、いくらまでが範囲内かも、新郎新婦と相談します。

新郎新婦の意向に合わせて、余裕を持って予算を組み、その範囲内でより良い二次会にするのが、幹事の腕の見せ所です。

当日のドタキャンを考慮する

二次会の招待状をハガキで出す場合は、ドタキャンの可能性は低くなりますが、それでも当日キャンセルが1人もいないということはまずありません。ましてや、メールやWebサイトでの招待状の場合は、10人のキャンセルが出ても不思議ではありません。

10人がドタキャンした場合、それだけで会費×10人分のマイナスになるため、予算を余裕を持って組んだり、会場を予約する際、事前に伝えておく人数を少なめにしておくなどして、当日お金が足りない!なんてことにならないように注意しましょう。

予算を考えて、プログラムを組む

たとえばビンゴをやるとして、景品にどれくらい予算を割けるのか。ビンゴマシンは会場で借りれるのか、レンタルするとしたらいくらかかるのか。ビンゴひとつとっても、予算との兼ね合いが必要になります。

BGMに必要なCDのレンタル費用やCD-R代、クラッカー代、ポラロイドカメラのフィルム代など、意外と費用がかかるものです。また、準備段階や当日、突発的なアクシデントでお金がかかることもあります。

豪勢にお祝いしてあげたい気持ちがあっても、予算内で組めなければ新郎新婦に負担をかけることになります。また必ずしも、お金をかけることがいい二次会につながるとは限りません。

収支はしっかり書き留めておく

予算については、エクセルや紙にしっかりまとめておきましょう。適当にメモしておくだけでは、あとで後悔することになるかもしれません。

全体の予算から会場費(料理・飲食代含む)を差し引いて、雑費として使えるお金を計算したら、かかると思われる費用を書き出していきましょう。

準備段階の途中で、「これも必要だ」「あれも必要だ」となるでしょうから、その都度忘れずに追記していって、予算を超えるようであれば、優先順位を考えて省けるところから省いていきましょう。