結婚式二次会の幹事・ゲーム・司会マニュアル
結婚レシピトップ 結婚式の流れと費用 結婚式の準備
結婚式のスタイル 結婚の疑問・悩み相談 無料テンプレート
結婚レシピ > 結婚式二次会の幹事マニュアル > プログラムを決める

プログラムを決める

結婚式二次会の内容を具体的に決めていきます。プログラムの決定は、必要なアイテムや役割を洗い出して、予算を組む上でもとても大切な作業です。

プログラムを並べる

まずは新郎新婦入場、新郎新婦挨拶(最初と最後の2回)、乾杯、ケーキカット、歓談、ゲームなど、これだけは必ずといったプログラムを挙げていきます。

それだけでは物足りたいと思ったら、披露宴で流した生い立ちDVD上映、余興、新郎新婦へのサプライズ、祝辞などを追加していきましょう。

二次会の浮き沈みを考える

二次会を通して、盛り上がり度合いの浮き沈みを考えてみましょう。一番理想的なのは、最後に最も盛り上がったところで、新郎新婦の挨拶があってお開きにすることです。

ゲームや余興をうまく配置して、「いい二次会だった」と言ってもらえるようなプログラムを考えましょう。

タイムテーブルを組んでみる

列挙したプログラムの横に、所要時間を書いていきます。時間が足りなそうであれば、歓談時間を短めにしたり、プログラムを消したりして調整します。時間があまるようであれば、余興などを追加します。幹事組でアイデアを出し合いましょう。

この時、あまりギュウギュウ詰めにしすぎないように注意しましょう。新郎新婦が開宴時間に間に合わず、スタートが遅れてしまうこともよくありますし、すべてのプログラムがスムーズに進行するとは限りません。ある程度なら歓談時間を短くすることで調整できますが、あまり歓談を削っても、食事をゆっくりとれる時間が少なくなってしまいます。決められた時間を過ぎると、会場側から延長料金をとられることもあるので、予算同様、タイムテーブルも余裕のある設定が大事です。

担当、想定費用を決める

タイムテーブルを組んだら、その横にそれぞれ担当を書いていきます。さらに想定される費用を書いて、総予算と照らし合わせてみましょう。

シミュレーションしてみる

暫定のプログラムを決めたら、一度順を追って、頭の中でシュミレーションしてみましょう。実際にシミュレーションしてみると、ここでもう一人担当がほしい、ここで準備の時間がほしいなど、気づく点があるはずです。

また、新郎新婦の動きについても考えておきましょう。入場前はどこで待機してもらうか、入場のタイミングはどうするか、ゲームや余興の際はどこにいてもらうかなど、特に新婦がドレスを来ている場合は、すばやい動きは無理なので、その点も考慮しましょう。

プログラム例

一般的な二次会のプログラム、タイムテーブル例を紹介します。

17:00   幹事組、会場入り
17:30   開場
17:50 10分 司会挨拶、説明
18:00 5分 開宴、新郎新婦入場
18:05 5分 新郎新婦挨拶
18:10 5分 乾杯
18:15 20分 歓談
18:35 30分 ゲーム
19:05 20分 歓談
19:25 15分 余興
19:40 10分 新郎新婦挨拶、キス
19:50 10分 新郎新婦退場、お開き
20:00   撤収開始
20:30   完全撤収

プログラムはみんなで共有

プログラムが決まったら、幹事組など、関わっている人にメールで送るか、配るかしましょう。また、準備していくうえでプログラムが変更になったら、その都度共有するようにしましょう。自分だけが把握していても、二次会がうまく進行するわけではありません。