結婚レシピ > 新生活 > 家具・家電選び

新生活

家具・家電選び

結婚レシピ

新居が決まったら、家具や家電を揃えます。新居の間取りや広さ、窓の寸法、コンセントやテレビジャックの位置などによって買うものも配置も変わってくるので、新居が決まってから購入するようにしましょう。

まず必要な家具・家電をリストにして、絶対に必要なもの、そのうち揃えればいいもの、なくてもいいものなど、優先順位をつけましょう。最初からすべてを揃える必要は無く、冷蔵庫や洗濯機、掃除機など基本的なものから揃えていきましょう。また現在持っているもので、使えるものはどちらかが持ち込んで使うといいでしょう。

家具選びのポイント

新居のサイズを測っておく
部屋の縦横、天井の高さ、柱のでっぱり、コンセント・電話のアダプター・テレビのアンテナジャックの位置、などを、扉を開けた時も考慮してメモしておきます。玄関や廊下の幅も測っておくと、搬入が可能かわかります。

スタイルを決めておく
ベッドはシングルふたつにするのか、ダブルにするのか、もしくは布団にするのか。テーブルは椅子を用意するのか、いくつ用意するのか、低いテーブルにして椅子は用意しないのか、など、大まかなスタイルを決めておきます。

収納力を重視
タンスなどの収納家具は、デザインだけに気をとられると、修能力がなく、結果部屋に物があふれてしまいます。最初は物が少なくても生活していけば何かと物が増えるので、収納家具はあくまで収納力を重視しましょう。

部屋を広く使える機能
来客時に便利な折りたたみ式のテーブルや、多機能のソファ、収納を兼ねたベッドなど、部屋を広く使えるような家具を選びましょう。ただし使わないと邪魔になるだけなので、本当に必要だと思われる機能を選びましょう。

家具周辺のスペースを確保
サイズがぴったりでも、実際置いてみると歩くスペースがなかったり、ドアが開かなかったりといった場合があります。生活するうえで充分なスペースが確保できるものを選びましょう。

実際に使ってみる
タンスなどは実際に開け閉めして、ベッドやソファも座ったり寝てみたりして、使い心地を確かめましょう。

圧迫感のないものを選ぶ
ショップなど広い場所で見るのと、狭い部屋で見るのとでは、家具の圧迫感が違います。たとえサイズがぴったりでも、置いてみたら圧迫感があり、部屋がよけい狭く感じてしまうこともあります。明るめの色で、シンプルなデザインだと圧迫感も少ないでしょう。

長く使うものはケチらない
毎日の生活に欠かせない家電やベッドなどは、安くあげても結局あとで買い換えることになることが多いので、多少値がはっても、使い勝手がよく、気に入ったものを選ぶといいでしょう。

色数を抑える
家具の色がまちまちだと、落ち着かない家になってしまいます。特にカーテンなどは、あまり色数を使わずに、家具と似た同系色でそろえるといいでしょう。またカーペットは、壁より少し濃い色にすると部屋も広く感じ、落ち着いた雰囲気になります。

カーペットは家具より先に
カーペットは、家具より先に配送されるように手配した方がいいでしょう。あとで自分たちで家具を動かすのは大変です。

照明は白熱灯か蛍光灯か
白熱灯は落ち着いた雰囲気になりますが、消費電力が蛍光灯に比べて大きく、ランプの寿命も短いです。蛍光灯は光が明るく、消費電力は白熱灯の3分の1です。また照明器具の種類によっては、自分たちで取り付けられないものもあるので、簡単に取り付けられるものを選ぶといいでしょう。

家具・家電・日用品リスト

洋服タンス ベッド
整理タンス 布団、毛布一式
食器棚 枕、シーツ
本棚 時計
ソファ 来客用寝具
テーブル 布団ばさみ、布団たたき
冷蔵庫 照明器具
炊飯器 カーテン
電子レンジ カーペット
ガステーブル ごみ箱
食洗機 クッション、座布団
掃除機 表札
洗濯機 スリッパ
乾燥機 スリッパ立て
アイロン 傘立て
テレビ 靴べら
ビデオ、DVDプレーヤー タオル類
電話機、FAX マット類
オーディオ機器 洗面器
冷暖房機 歯ブラシ、コップ
空気清浄機 バストイレの掃除用具
電気ポット シャンプーなどの浴用品
パソコン
なべ類 食器類、茶碗類、コップ類
やかん 食器類、茶碗類、コップ類
フライパン スプーン、フォーク、はし類
ざる、ボール ふきん、雑巾
包丁、まな板 洗剤
しゃもじ、へら 救急箱、工具箱
計量カップ 懐中電灯
缶きり、栓抜き 消火器
おろし金 バケツ
泡だて器 物干し、洗濯バサミ
保存用容器 ハンガー
洗濯用洗剤

本当にあった結婚式の話