結婚レシピ > 結婚式の準備 > 和装の婚礼衣装

結婚式の準備

和装の婚礼衣装

結婚レシピ

ウェディングドレスが主流の一方で、日本人ならではの和装着物を着る習慣も根強く残っています。神前式の場合に限らず、両親の希望などで、披露宴の最初だけ着物を着る新婦も多いです。

和装は、親から着物を譲り受けるなどの場合を除いて、たいていレンタルです。予算としては10〜50万円と、ものによって幅があります。平均では白無垢16万円、色打掛22万円です。会場やショップにもよりますが、かつらや小物がセットになっている場合が多いです。

和装を取り入れる時、注意したいのが、着付けやヘアメイクに時間がかかることです。結婚式は和装で、披露宴はウェディングドレスという場合は問題ありませんが、披露宴の中で和装と洋装を着ると、お色直しの中座の時間が長くなってしまう場合があります。特に、洋装から和装に着替えるときは、かなりの時間がかかることを考慮しておきましょう。

和装の種類

和装には白無垢、色打ち掛け、引き振り袖があります。どれも正式な衣装なので、結婚式ではどれを着ても問題ありません。お色直しは本来、純白で嫁入りしてから、相手の家の色に染まったという意味で色のついたものを着るというものなので、白無垢から色打ち掛けにお色直しするケースが多いようです。

白無垢
打ち掛け、掛け下、帯、小物、下着など、すべてを白で統一した花嫁のための和装。神前式の時は白無垢を着るのが一般的で、娘の白無垢姿を見たいという両親も多いです。

色打ち掛け
白以外の鮮やかな色を使った打ち掛け。色は赤、緑、黒が多く、金箔を使った刺繍で華やかさがあります。お色直しで着ることが多いですが、正式な衣装なので、結婚式で着てもいいでしょう。

引き振り袖
裾を引きずるタイプの振袖。昔、武家の婚礼で用いられ、最も高貴な色とされていた黒の引き振り袖を着るのが一般的で、そのシックな雰囲気が、大人の女性の間で徐々に人気を集めています。

和装の小物

絹帽子(わたぼうし)
婚礼の儀式が終わるまで、新郎以外に顔を見せないという意味でかぶる、真綿でできた帽子。式の時につけて、披露宴では外すのが一般的です。

角隠し(つのかくし)
髪をおおう帯状の布で、角を隠して夫に仕えるという意味があります。これも披露宴では外すのが正式ですが、最近は披露宴でもつけるケースもあります。

笄(こうがい)
髪にさすかんざしのことで、種類は様々です。結婚式と披露宴ではつけかえるのが一般的で、披露宴の時はより豪華なものをつけるのもいいでしょう。

紙ばさみ
胸元にはさむワンポイントアクセントで、もともとは懐紙をはさむためのもの。

はこせこ
紙ばさみのかわりに、刺繍と房がついたはこせこをはさむこともあります。

懐剣(かいけん)
布袋に入った短剣を帯にさします。もともと打ち掛けは武家の婚礼衣装だったので、自分の身を守る象徴としてつけられています。

抱帯(かかえおび)
帯の下の方で結ぶ細い紐。

末広(すえひろ)
祝い事によく使われる末広がりの形をした扇子。新郎新婦ともに持ちますが、広げることはありません。

草履(ぞうり)
白無垢の場合は白で合わせることが多いですが、金や銀のものを履くときもあります。かかとが高いものだと、より華やかな印象があり、全体のスタイルも良くなります。

和装の試着の際の注意点

和装はかつらをかぶります。試着の際にはかつら合わせをかぶりますが、これがぴったり合っていないと不格好になってしまいます。ちゃんと頭にフィットしているか、ちゃんと確認しましょう。

またかつら合わせをしたあとで髪を切ったり、パーマをかけたりすると、かつらのサイズが合わなくなってしまう場合があるので、最終的なかつら合わせは、式の3週間前ぐらいに行い、それ以降は髪型を変えないようにしましょう。

こんなとき、どうする?
できちゃった婚なのですが、和装はやめた方がいいですか?

和装はお腹を締め付ける印象がありますが、事前に伝えておけば帯をゆるめに締めてくれますし、お腹の膨らみが目立たなくなるというメリットもあります。スタッフに相談してみるといいでしょう。

本当にあった結婚式の話