結婚レシピ > 結婚式の準備 > 新郎の衣装

結婚式の準備

新郎の衣装

結婚レシピ

結婚式・披露宴の新郎の衣装といえば、以前は決まりきったものが多かったですが、最近は色やデザインなど種類も増えています。

新婦の衣装との相性を考えて、選ぶようにしましょう。


新郎の洋装

モーニング
正式には昼の間の正礼装とされているのがモーニングです。山型にカットされている上着に、縞の柄のパンツを合わせます。格調高い会場の場合はモーニングがふさわしいでしょう。

タキシード
夜の正礼装として一般的なのがタキシードです。黒の蝶ネクタイをするのものですが、自由にアレンジしてもかまいません。最近では上着の丈が長いロングタキシードが人気を集めています。

テールコート
夜の正礼装で最も格式高いのがテールコートです。上着の裾がツバメの尻尾のようにわかれているので、燕尾服とも呼ばれます。足が長く見える効果があるので、背が低い人におすすめです。

フロックコート
最近多くなってきたのが、昼夜兼用で着れるフロックコートです。上着の丈がヒザあたりまであり、結婚式ならではの重厚感があり、人気です。丈が長いので、背が高い人におすすめです。

新郎の和装

紋付袴
男性の和装の場合、黒も紋付と羽織に袴をつけます。結婚式では最も格式の高い五つ紋のついた五つ紋付が正式とされています。

本当にあった結婚式の話