結婚レシピ > 結婚式の準備 > 席次について

結婚式の準備

席次について

席次の原則

結婚レシピ

結婚披露宴の席次には、上席、末席などのルールがあり、それに沿った席次にしないと失礼にあたる場合があるので気をつけましょう。また職場関係の人の上下関係を間違えるなど、失礼のないようにします。取引先の人を呼ぶ場合、席次に悩む場合がありますが、職場の先輩や上司に聞いて相談してみるといいでしょう。

基本的に、新郎新婦のメインテーブルに向かって左側が新郎側、右側が新婦側になります。メインテーブルに最も近い席が上席、逆に出入り口に近い席が末席となります。

基本的に、上席には主賓や職場の上司、恩師が座り、そこから職場の先輩、友人、同僚、後輩、親戚、家族という順に座り、末席には両親が座ります。

席次は臨機応変に

席次

上記の基本原則にのっとった上で、年齢層が離れた人と隣になったり、ひとりで来てくれた友人が気まずい思いをしたりしないよう、細かい気配りも必要になります。立場が違っても、面識のある人たちや年齢層の近い人たちを同じテーブルにした方がいい場合もあります。

また子供連れや妊婦の場合は、急に席を立たなくてはいけないことがあるので、出入り口に行きやすい席にしてあげるといいでしょう。また都合で早退したり、遅刻したりするゲストがいる場合も同様です。

新郎新婦でゲストの数が違ったり、テーブルの数の都合で、新郎のゲストと新婦のゲストを同じテーブルにする場合もあります。これ自体は失礼にはなりませんが、なるべく近い年齢層や近い立場の人たちを同じテーブルにしてあげるといいでしょう。

席次の序列順

席次
席次


こんなとき、どうする?
両親に上座に座ってもらうのはダメなんですか?

自分の晴れ姿をできるだけ両親に近くで見てもらいたい。そんな時は上座や下座がはっきりしないテーブルレイアウトにしてみるのもいいでしょう。ただしあからさまだと、違和感を感じるゲストもいるので要注意です。両親の意向も聞いてみましょう。

近所の人や昔からの幼なじみを親族席に入れてもいいんですか?

母親の友人や、幼なじみで家族ぐるみの付き合いをしている人は、家族とそのゲストの了承があれば、親族席に入れても問題ありません。家族以外に面識がない場合は、その方がゲストも楽しめていいでしょう。

転職したんですが、以前の会社の人と今の会社の人を同じテーブルにしてもいいんですか?

席次上、しかたのない場合であれば、2社程度なら問題ないでしょう。ただその場合、席次表には会社名を入れないなどの工夫も必要です。

本当にあった結婚式の話