結婚レシピ > 結婚式の準備 > 仲人、媒酌人をどうするか

結婚式の準備

仲人、媒酌人をどうするか

仲人とは

結婚レシピ

本来仲人とは、婚約から結婚までを取り仕切ったり、両家の間を取り持つ存在で、見合い結婚が多かった以前は、結婚には欠かせない存在でした。

しかし最近は、婚約から結婚まで、本人たちが主導で行うことがほとんどなので、仲人に相談したり、頼ったりすることが少なくなり、仲人を立てるとしても当日の形だけのものになってしまうことが多いです。

このように仲人の必要性がなくなってきているので、実際に仲人を立てる人は、1割もいません。ただし、両親の希望や地域のしきたりなどもあるので、家族とよく話し合って決めるようにしましょう。

媒酌人とは

媒酌人とは、式当日に立ち会い、二人の結婚を列席者に報告する役目を持っています。仲人とほぼ同義として扱われますが、媒酌人という呼び方は、式当日に特化した呼び方といえます。仲人を立てる場合は、仲人が媒酌人を兼ねるということになります。

媒酌人は、披露宴などで新郎新婦の紹介をしたり、結婚の誓約をしたことを報告したりしますが、最近では司会者や知人、時には新郎新婦本人がその役目を果たすことが多く、実際に媒酌人を立てるケースは、仲人同様、1割にもなりません。

仲人、媒酌人を頼むならどんな人?

仲人、媒酌人は、本来ふたりをよく知る目上の人に依頼します。職場結婚であれば職場の上司、同級生同士であれば恩師。ただ実際はあてはまらないケースも多く、男性の上司や恩師、親戚などにお願いすることが多いようです。

また最近は転職が多いので、会社の上司を避けて、親しい先輩にお願いすることもあります。年齢が若いから仲人は務まらないということではないので、問題はありませんが、両親や親戚に事前に話して了解を得ておいた方がいいでしょう。

いずれにしても、尊敬できて、結婚後も関係を保てるような人を選ぶようにしましょう。

仲人、媒酌人を頼むならいつ頃、どうやって?

仲人、媒酌人をお願いするのは、最悪でも式の3ヶ月前までには済ませておくのがマナーです。本来であれば、仲人、媒酌人の都合を聞いてから式の日取りを決めるのが正式ですが、実際は式場の予約の都合などによりどうしても順序が逆になってしまいます。先に日程を決めてしまったことを断っておきましょう。

正式には手紙でお願いするものですが、親しい人であれば電話や、職場などで直接合う場合はその時に口頭でお願いしてもいいでしょう。

OKをもらったら、二人で手土産をもって自宅に訪問し、正式に挨拶をします。両親がよく知っている人であれば、両親を連れていってもいいでしょう。

仲人、媒酌人へのお礼

仲人、媒酌人をお願いした場合、もちろんお礼をしなくてはなりません。お礼は金銀か、紅白の結び切りの水引き、のしつきの金包みに「寿」または「御礼」と表書きして、両家の連名で渡します。

結納だけをお願いした場合(結納後に渡します)
お礼 5〜10万円
御酒肴代(結納後の食事に参加されなかった場合) 1〜2万円
御車代 1〜2万円

披露宴だけをお願いした場合(披露宴後に渡します)
お礼 10〜20万円
御車代 1〜2万円

結納と挙式・披露宴をお願いした場合(すべてのお礼を、披露宴後にまとめて渡します)
お礼 15〜30万円
御車代 1〜2万円

本当にあった結婚式の話