結婚レシピ > 結婚式の準備 > 引出物・引菓子

結婚式の準備

引出物・引菓子

引出物・引菓子とは

結婚レシピ

引出物とは、もともと遠方から訪ねてきてくれた友人のために、愛馬を厩舎から引き出して贈ったことに由来します。現在では、披露宴のもてなしのひとつとして、お返し、お土産の意味を込めてゲストに渡します。

引出物としては食器類が一番人気ですが、最近増えてきたのがカタログギフトという、ゲストが家に持ち帰ってゆっくりほしい品物を選べるタイプです。また最近では年配者と同年代の人とで、別の引出物を用意するカップルも多いようです。

引出物と引菓子は、招待状を送る2ヶ月前頃に決め、どのショップにオーダーするかを決めます。数が多い場合は、在庫を確認しておくといいでしょう。出欠が確定する1ヶ月前に個数を伝えて発注しましょう。手作りや、ラッピングを自分たちでする場合はより早めに準備しておきましょう。また引出物の包装には両家の姓を入れ、引菓子にはふたりの名前を入れるのが一般的です。

引出物・引菓子などの費用

引出物・引菓子

一般的に、品物1〜2品と引菓子を贈ります。3000〜4000円の引出物と、1000〜2000円の引菓子の組み合わせが平均的なようです。引出物・引菓子は全員分用意する必要はなく、新郎新婦はもちろん、両親には花束や記念品を渡すので不要、また夫婦や家族で参加してくれた場合は引出物もひとつにするのが主流なので、だいたい参加人数の8割ぐらいの数で足ります。

ただし引出物にはそれを入れる袋が必要で、その袋代がひとつ300円ほどかかります。この袋代はパックプランなどに含まれていない場合があるので注意しましょう。また、引出物・引菓子はたいていの会場で手配できますが、割高になる場合もあります。ただ外部で発注する場合は持ち込み料が300〜500円かかることが多いので、事前に確認しておきましょう。

これらの予算を踏まえて、どれくらいの価格のものにするか決めていくといいでしょう。

引出物・引菓子の選び方

予算内でおさめることが大切ですが、一番大事なのは、もらう人が喜んで使えるものにすることです。自分たちの好みに偏らず、持ち帰る人の立場になって考えるようにしましょう。

引出物にふさわしいもの

・軽くて持ち帰りやすいもの
・おしゃれな実用品
・いくつあってもいいもの
・自分では買わなくてももらうとうれしいもの

引出物にふさわしくないもの

・重くて持ち帰りにくいもの
・実用性のないもの
・ふたりの名前や顔が入ったもの

またゲストの年齢層などを考慮して、より多くの人に喜んでもらえるものを選ぶ必要があります。最近では世代や立場によって別の引出物を用意するカップルも多いです。それぞれの人たちに合ったものを選びましょう。

ただあまり種類が増えすぎると、渡し間違いがあるかもしれないので、2〜3種類におさめて、包装を赤と青にするなどしてわかりやすくしておきましょう。またそれぞれのサイズがあまり変わらないようにして、袋は同じものを使うなどするといいでしょう。

男性
仕事に使えるステーショナリーや、お酒を飲む人なら、ビアグラスなどもおすすめです。

女性
食器類ならおしゃれなブランドものが好まれます。アロマ系の生活雑貨などもおすすめです。

年配者
渋い和食器などが喜ばれます。より実用的なものの方が喜ばれる傾向にあるようです。

同世代
ブランドものやおしゃれなものが喜ばれます。感覚が近いので、自分がもらってうれしいものを選びましょう。

未婚者
複数のセットのものだとなかなか使わないので、単品かペアセットのものがおすすめです。

既婚者、家族
夫婦や家族に渡す引出物がひとつなら、来客用のセットになっている食器などがおすすめです。

引出物の予算や品数、大きさは、地域のしきたりや習慣によって異なる場合があります。中には引出物といっしょにかつお節など折詰をいっしょに渡す慣習もあります。親族にも行き渡るものなので、招待状を親の名前で出すケースもありますし、両親と相談して決めるといいでしょう。

引出物の種類

一点豪華もの
ブランドものの大皿など、おしゃれさと質にこだわって、一点で勝負します。

セットもの
複数の器セットやコーヒーカップのセットなど、家族で使えるセットものです。

ステーショナリー
仕事などでも使える文具類などの実用品です。

キッチン用品
あったら便利ですぐに使える身近なキッチン用品です。

電化製品
大きさや存在感がある便利な電化製品です。

インテリア
あっても邪魔にならないシンプルな飾り物です。

カタログ
食器、電化製品、家具などの品物が掲載されたカタログで、ゲストは家に帰ってからほしい商品を記入したハガキを送って品物を受け取ります。

オリジナルの組み合わせ
たとえばワインとグラスなど、別のものを組み合わせます。

引菓子の種類

洋菓子
バウムクーヘンやフルーツケーキなどの日持ちするものが多いですが、有名菓子店のものをオーダーするカップルもいます。

和菓子
料理が和食だったり、和風なパーティーの場合、引菓子も紅白のお饅頭など和菓子にするケースがあります。

プチギフト

招待客が退場するときのお見送りや、各テーブルを回ったときなどに、小さなお菓子や雑貨などのプチギフトを渡すことがあります。これはひとつ300〜500円が相場です。

こんなとき、どうする?
引出物を数種類用意してもちゃんと渡してもらえるんですか?

どの引出物を誰に渡すのかをちゃんと仕分けしておけば、会場のスタッフがきちんと配置してくれます。赤と青の包装紙など、わかりやすく分けておいて、赤と青でチェックした席次表を渡しておくと完璧です。

外部で引出物を発注した場合、配送はしてくれるんですか?

発注した店に確認してみましょう。最近は会場まで配送してくれる店も多いです。会場にも配送する日時を伝えておいて、前日にちゃんと届いているか確認しましょう。

ふたりらしい引出物にしたいのですが…

費用はかかりますが、オーダーメイドを検討するのもいいでしょう。またラッピングに凝ったり、ゲストの名前を入れたりするのもいいでしょう。

両家で引出物の希望が食い違っているのですが…

より多くの人に喜んでもらいたいわけですから、一番多い年齢層に合った引出物を選ぶといいでしょう。地域の慣習やしきたりを重んじる人もいるので、慎重によく話し合いましょう。

本当にあった結婚式の話