結納の挨拶ってなんて言えばいいんですか?

結納の挨拶や口上には、いろいろなパターンがあります。仲人を立てるか立てないかによっても変わりますし、地域のしきたりなどによって様々です。またセリフの内容は人それぞれで、一言一句決まっているわけではありません。

最低限「幾久しくお納めください」「幾久しくお受けいたします」このセリフだけを頭に入れておけば、あとは堅苦しい言葉を覚えるよりも、気持ちを込めて、日常使い慣れた言葉を使ってもいいでしょう。

ただしめでたい席なので、忌み言葉はNGです。「重ね重ね」「切る」「戻る」などの言葉は縁起が悪いので使わないように気をつけましょう。

本当にあった結婚式の話