結納金って何に使うんですか?

結納品の中の金包にあたるのが結納金です。男性側から女性側へ(婿養子の場合は、女性側から男性側へ)結納金を贈る習慣は、今でも根強くあり、最近では、正式な結納はしなくても、結納金と婚約記念品だけを贈るといったやり方も多いようです。

もともと結納金とは、嫁入りに必要な支度金としての意味があり、最近では結婚式の資金として使ったり、家具や家電など、新居の準備に使うことが多いようです。また婚約記念の贈り物としての意味から、結納金の金額を下げたり、もしくは結納金はなく、かわりに婚約指輪を贈るケースも多いです。

本当にあった結婚式の話